認知症に期待、脳幹視床下部で機能する“ひびき”のオルゴール療法(1)

 認知症予防のために脳に、アミロイドベータが有効であることが日本人の研究で発見されて世界の報奨を取られました。神経細胞を傷つけずにアミロイドベータを減らすことが抗体を作ることとされて認知症に有効とされています。
 
◎MCI (軽度認知症)
脳の血液の流れを作る為に、血液など代謝機能、神経機能を充足するオルゴール療法研究所では脳の末梢血管の壊れて行くのを防ぐ、脳の縮小を防ぎ脳の血管の詰まりを正しくする実験をしなければなりません。
 
 幸い、アルツハイマー型認知症や認知症不穏行動の改善症例が、人体実験と思われる形で実現していることから、かなり、有効な療法思っています。
 
 東大の宮崎先生は、ドラムを使って高齢者の認知症に影響を与えたことを発表しました。
 
 様々の療法と、合わせてひびきのオルゴール療法を入れることが有効だと思っています。
 
 脳の劣化を防ぐ、調整強化することができるのではないかと考えます。太鼓を叩くこと、各種の運動や、リズムを、脳に、届ける効果もあると思われます。
 
 しかし、脳幹、視床下部の血流を回復する、機能を上げることがより強く有効だと考えています。そして、さまざまの器楽、や音楽もそして、からだを動かすことも有効だと思います。
 
 大切なことは、認知症の予防であることは言を待たないと思います。認知症になってからよりも認知症の予防のほうが、より効果的だと思います。
 
 認知症のようなまだ十分な機能調整法や、機能強化法が未だ発見されていません。現代の環境悪化の環境では、出来るだけ早い導入が奨められます。
 
 現代では、オルゴールのひびきの量もできるだけ強い方が効果が上がることが有効だと思います。
(2)につづく
 
ご相談電話:東京,横浜、大阪にお電話ください。営業時間 10時~17時。 
      東京:0800-800-2512
      横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
      大阪:0120ー700ー704

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。