難病、プラダー・ウィリー症候群に向かう“ひびき”のオルゴール療法

  プラダー・ウィリー症候群と奇蹟を起こすオルゴール療法“ひびき”の効果

プラダー・ウィリー症候群は生後すぐから力が弱く、呼吸や哺乳が障害されます。
 3歳を過ぎたころから食欲が抑制できず、過食と肥満になります。中度の知的障害を合併します。
 その他に、外性器の低形成、小さな手足、特徴的な顔貌を示す症候群です。難病情報センターは公益財団法人難病医学研究財団(厚生労働省補助事業)
 
 日本オルゴール療法研究では、この難病に出会ったことがありません。しかし、脳からの“ひびき”による生命中枢の脳幹・視床下部の調整能力は、生体の機能を正常に戻したいと、いくつもの難病を戻した経験から挑戦して見たいと思います。
 
 「悪い環境から起こる病気は90%、生まれつきの DNA からが3%」と言われています。
 重度のリュウマチや、アスペルガー症候群の改善症例から、脳からの調整能力に頼るオルゴール療法は、人智を超えた「生体の仕組み」を元に戻す調整です。
 
 生まれつきのものであれ、生後のものであれ、脳は生体の本来を取り戻すことを使命としているなら、希望を持って、挑戦してみなければなりません。
 
 “ひびき”を脳に与えると言ってもその“ひびき”の性質の最高度ものを与えなければなりません。
 それは、良質の音色と、宇宙が地球に届ける最高度の周波数が、求められます。そして次には、音の強さ、音量です。
 
 求め得る様々な楽器の周波数を、大阪大学の無響室で測定した中で、スイスのオルゴールに、それを求めました。
 
 そのオルゴールに響の良い木箱を求め、さらに共鳴箱をつけ、音量を上げました。音量の足りないところは、大型のディスクオルゴールにそれを求め、床を上げて空間を作り、共鳴を増す工夫をしました。
 
 さて問題は、“ひびき”を与えられる時間との戦いです。どれほど沢山の “ひびき”をかけられるか?その“ひびき”の量を脳に届けられるか?です。
 
 ご家族の時間の捻出と、忍耐力と、治そうとする努力が求められます。
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。