認知症に期待、脳幹視床下部で機能する“ひびき”のオルゴール療法(4)

 認知症に期待、脳幹視床下部で機能する“ひびき”のオルゴール療法(4)

「厚生労働省は、アルツハイマー型認知症などの変性性認知症を完全に治す治療法はまだありません。できるだけ症状を軽くして、進行の速度を遅らせることが現在の治療目標となります。」とあります。
 
  オルゴール療法では、前項(2)や(3)に掲載したように、アルツハイマー認知症が「誤診だったかな」と医師が言うように、アルツハイマー認知症が熔けているのです。又、認知症の不穏行動が、一瞬で戻っているのです。更に、振戦のひどい、15度のからだの傾斜のパーキンソンが正常になっているのです。このことから、“ひびき”のオルゴール療法を効果を考えてみたいのです。
 
 “ひびき”が脳幹と視床下部の血流を回復して、脳を始め全身の臓器と器官の機能を調整する“ひびき”のオルゴール療法は、脳幹の機能を整え、視床下部は、全神経、ホルモン、代謝、体温調節、飲食など、を調整するのです。その中で注目するのは、神経系の機能回復です。認知症のような神経系の疾患は、全ての神経、脳神経をはじめ、からだの全神経の機能が一瞬で調整する視床下部の働きが正常になったと考えられます。
 
 アルツハイマー認知症も、レビー小体型の認知症も、血管障害から起きる認知症も、パーキンソンとの複合型の認知症も熔けていくと考えられるのです。改善が難しいと考えられている、さまざまの認知症の改善が、血液の循環が整えられ、代謝機能及び、神経機能が整えられることで、脳からの認知症も熔けて行く過程が見えてきます。
 
 「治れば良い、研究は後から付いてくる」とある医師が言われたように、新しい医療の、今はまだ、「治ればいい」の実証段階だと自覚しています。
 
  高齢者の死因、老衰死が誤嚥性肺炎を押しのけて、死因の3番目に上がってきました。主に、環境悪化によると思われます。心身の不調の改善と、理想的な予防法の出現に、このオルゴール療法は、大きな貢献をしたいと思っています。

45年前にスイスオルゴールを初めて日本に紹介し、オルゴールコンサートでオルゴールの普及に尽力、25年前にオルゴール療法を世界で始めて世に出し、多くの病状改善に貢献する。

約電話:03-6262-0741 営業時間 10時~17時。
   相談電話:東京,横浜、大阪にお電話ください。営業時間 10時~17時。 
       東京:0800-800-2512
       横浜:045-663ー1072 (火.木.土. 営業)
       大阪:0120ー700ー704
   体 験 会:60分間の簡単なご説明とひの木のベッドの体験会です。質問も受けられますよ。
  会   費:2、000円
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。