手の指第二関節の痛み、手首の痛み、足指の痛み、膝の関節の痛み、腰痛、肩関節の痛みと関節リウマチ(2)

手の第二関節の痛み、手首の痛み、足指の痛み、膝の関節の痛み、腰痛、肩関節の痛みと関節リウマチ痛みの本質はどんなものでしょうか?(2)

 関節リウマチの痛みには、いろいろあるようですが、体内には、神経が張り巡らされていて、その抹消神経が感知して脳に知らせるしくみがあり、その電気信号が脊髄を通って脳に伝わります。痛みはまた、危険を知らせるシグナルでもあります。危険を知らせる、からだの防御機能としても作用しています。

 関節リウマチの痛みにも、からだの危険をしらせる機能としても作用しています。関節リウマチの痛みは、全身のからだの痛みに広がり、動けなくなる関節リウマチの痛みは、怪我などの特定される痛みではないのです。

 痛みは脳の視床下部に届き、大脳辺縁系や前頭前野にも、届けられて、その痛みが、どういうものかを判断をするようです。その痛みで、どの様な動きをすれば良いかを判断しているようです。即ち、危険を察知して、動きを止めるのか、緩和するのかの判断を脳がしていることになります。関節リウマチの痛みが進むと身体が動かなくなるのもその作用かもしれませんね。

 関節リウマチの痛みがからだの全ての関節を破戒する免疫欠如の働きによる痛みなら、脳にある、その免疫機能を取り戻すことで、正常にする、関節リウマチとその痛みをなくすことが大切なのです。即ち、関節リウマチの痛さをなくすことで、関節リウマチを治そうとしたり、骨の破戒を止めたりする対症療法より、免疫機能を取り戻す脳からの療法のオルゴール療法の方が理に適っているのです。

 薬に助けられることも多いでしょうが、オルゴール療法のように、脳からの医療法に早く理解することが大切です。脳からの生体異常を溶く、“ひびき”のオルゴール療法で、関節リウマチの痛みや破戒や、手の第二関節の痛み、手首の痛み、足指の痛み、膝や膝の関節の痛み、腰痛、肩関節の痛みの関節リウマチ痛みを、脳からのオルゴール療法で本質的に取ることに世界中が早く気が付いて、60万人ともいえる関節リウマチの痛みを解いて上げたいですね。
 

 

 

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。