発達障害とひびきのオルゴール療法(2)

発達障害とひびきのオルゴール療法(2)“ひびき”がどのように影響するのでしょう?

 結婚、受胎、胎教、3歳までの発達障害にひびき
「宇宙物理学の佐治晴夫先生は人間の起源は海の魚だそうです。受胎した時の形が全く魚だそうです。その魚に手足がつき陸に上がり四足の動物になり、二足歩行の類人猿となり、脳が発達して人間になったのだそうです。
 4足歩行の動物の時には妊娠期間は15ヶ月で、痛みはない自然分娩で赤ちゃんを産みました。地球規模の水害により二足歩行なった時に妊娠期間は10ヶ月になり、人間特有の陣痛が始まりました。
 佐治晴夫先生は、「オルゴール療法でその痛みのひどい陣痛がないのは、大きな貢献ではないだろうか!母体にとってあの陣痛がなければ、もっと正常な子供が沢山産まれるのではないか!少子化の時代に世界に貢献するのではないか、特筆すべきことだ」と、喜ばれました。
 大きな期待をオルゴール療法に寄せられました。精子卵子が正常に育ち、胎内で育つ胎児の健康に期待が持たれれば脳も正常に育ち、健康な胎児に育つのではないでしょうか?
 脳が正常に育つことが、胎児の心と体が正常に育つことが、発達障害を減らす道ではないでしょうか?
 今や発達障害は誰もが抱える問題で。環境悪化から少なからず私たちが抱える問題です。
 脳の成長力は 二十歳まで続けられます。耳に聞こえないひびきと美しい生の音楽をきかせましょう。オルゴールには情緒を深める、美しい音楽を持っています。また耳には聞こえない超低周波から超高周波までの響きを持っています。
 大脳の多くの機能を育て調整力を高めます。胎児の脳を育て、乳幼児の脳の発育を助け、そして14歳までの神経系の発育から脳を育てさせます。二十歳まで情緒を育てます。
 脳に響きを届けることによって脳の発育を助け調整力を増し、その中で不足の発育を補います。
 ひびきによる脳からの発育は心も体もその成長を助け一つも取りこぼさない性質を持っています。脳のすべての発育と身体のバランスの取れた豊かな発育は生命中枢の脳幹と視床下部の大切な機能なのです。
 脳の発育が続けられている間に響きを聞き、発育効果を上げながらご専門の先生のカリキュラムに従うことが発達障害を正常にする最良の方法ではないでしょうか?
 

当日本オルゴるくール療法研究所オリジナルのオルゴールです。高・低周波3.75ヘルツから髙周波20万ヘルツが測定された

環境汚染による発達障害などの将来のある子どもたちへ、生の美しい音楽と超低周波、超高周波の響きのあるオルゴールを、希望の持てる贈り物にしましょう。
 

予約電話:03-6262-0741 営業時間 10時~17時。

スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512

横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
体験会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会です。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法、質問も受けられます。
会費:2、000円,個別療法:5、000円

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。