オルゴール療法のはじまり(58)オルゴール療法用の素晴らしい共鳴箱!

 

 

音の強さと美しさを損なわないように、専門家による音の空間設計がなされ、材質が選ばれました。

 

 オルゴール療法のはじめ(57)オルゴール療法と共鳴箱

 オルゴール療法が始まる前から、オルゴ―には、共鳴箱は必需品でした。その為にNHKに努めていた友人の協力を得ました。空間設計に時間をかけ、72弁と144弁のそれぞれ共鳴箱が生まれました。

 最初にオルゴールを乗せた時の感動を今でも忘れません。オルゴールを共鳴箱に乗せた時の”ひびき”の強さに圧倒されました。実は最終の材質と板の厚さに至る迄に随分の試作が繰り替えされたのです。

 空間設計は出来ているものの、共鳴箱に使う木質によって、音色と”ひびき”の強さに大きな違いが出たのです。そして板の厚みにも影響されました。やっと落ち着いて作りはじめました。

 ある年に、作って頂いた共鳴箱の音が今までの響きと違うのです。寸法を測ってみました。お願いした横幅が1cm短いのです。直ぐに木工会社に尋ねました。「箱の寸法を勝手に替えないで」とお願いしました。木の取り幅に都合が良いということが分かったのです。

 結婚器具を作っている会社にお願いするようになり、材質も良く、仕上げも立派になってからは満足しています。オルゴール療法をはじめて25年間、トラブルは全くと云って程にありません。感謝しています。 日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オルゴールの音を大きく共鳴させる必要がありました。大きな音は、脳の機能を高めて、その結果、病状の改善を速めると思ったからです。普通の音を共鳴させるだけではない、音の質を壊さない、美しさと音量を上げる目的で72弁と144弁の共鳴箱がつくられました。

 

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。