【 冷え症 5】

【冷え症】冷え症を薬を使わない脳から改善する“自然療法” 

  • 病気と症状:

 手足が冷える、お腹が、冷える、腰がひえる、からだが冷える、からだが温まらない、血行障害、血流不足、からだが冷凍庫のよう。

  • 現代の治療

 入眠剤が一般的です。鬱の方に処方される薬は入眠剤、安定剤、抗鬱剤です。一般の薬局でも、痛み止めと入眠剤が販売の上位だそうです。それだけ、薬を多用する社会になっているのです。

  • ひびきによる脳からの根幹からの自然療法:

 オフィスの女性が夏場、エアコンからの冷風でからだの冷えを訴え、足下に温風機や膝掛けなどで冷える足下を暖めています。電磁波による冷えが原因であることが最近解ったのです。冷えは万病の元と言えるので気をつけなければなりません。それは、冷えは血液の循環、即ち代謝機能が正常ではない、血液を循環させる肺と心臓の機能が衰えている、それには、脳幹、視床下部の機能を調整しなければならないのです。いくら薬を飲んでも、温湿布をしても、厚着をしても、冷えを解消することはできないのです。

  •  オルゴール療法を受けられると、手足が温かくなりました。手に汗をかきました。と一様に体温が上がる現象を見て驚かれます。指先で16度や18度の超低体温の方でも日を追って必ずと言えるほどに改善が見られます。

 オルゴールの持つ高・低周波は、生命中枢の脳幹・視床下部に働き、全神経、ホルモン、代謝、体温調節、飲食など、生命を整える機能が総合的に回復する段階で、血液の循環が機能し、体温が上がる仕組みを理解しましょう。薬もサプリも足湯やお風呂やサウナでも冷え性を解消しないのは、“ひびき”のオルゴール療法は、対症療法しない脳からの根幹療法だからなのです。そしてからだは、心身の複数の病状を同時に解くことしか改善出来ない仕組みなのです。胎児を持つ母胎に血流が正常になり体温を上げておくことが大切です。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。