【 甲状腺機能低下症橋本病,亢進症バセドウ病 26】

 オルゴール療法とは

 オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す健康法です。脳を正すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒して行く療法です。

「一つ一つの疾患を対処的に治すのではない」と云う言葉は重要な意味を持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦しみ、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づいています。ここに上げる50を超える症例の全てに優れた効果をもたらしていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

殆どの方が4つ、5つの疾患から解放されている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解されて後、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の力をお感じになれるでしょう。そうして本来身体に備わっている自然の治癒力のすごい力も大切であることが判ります。

 

甲状腺機能低下症・橋本病の原因と症状

 のどぼとけの下にある甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌させています。視床下部の新陳代謝の機能を低下させて、臓器の機能を低下して橋本病となります。一方亢進症は、甲状腺ホルモン過剰による機能を亢進する病気です。脳下垂体と甲状腺の異常からホルモンの分泌を乱して、その働きが異常になる症状です。甲状腺ホルモンは、細菌やウイルスから身を守るためのホルモンで自己免疫疾患の一つです。

 甲状腺ホルモンは代謝機能を低下させる以外に、妊娠や胎児の成長と発達に影響します。月経異常や不妊、流産早産や、妊娠高血圧などを起こし、小児期の成長や発達に関わり障害を引き起こすなど妊娠期に重大な影響を起こします。

 橋本病の症状は、むくみ、発汗がへり、冷え、胃腸の機能を低下させ、食欲、声が低い、便秘ゃ健忘症なども引き起こしています。

 バセドウ病の症状は、食欲増進、体重低下、疲れやすく、発汗、動悸、脈が上がる、眠れない、イライラや眼球突出、筋肉の麻痺や月経不順や心臓に負担することもあります。

 

橋本病・バセドウ病とオルゴール療法

 オルゴール療法では、3.75ヘルツの超低周波から100キロヘルツを超える超高周波までを豊富に持つオルゴールを聴き脳幹の血流を促進します。心肺機能を高め酸素と栄養素を血管に送り込み、細胞の活性を行います。視床下部は全身の主立った30種類を超えるホルモンの分泌が正しく行われているかを監督・調整をします。

 オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹、視床下部の血流を促進し、自律神経系、ホルモンの分泌を正しくし、全身の機能の調節を行います。生体を正しくする脳幹、視床下部の機能を調整することが大切であることが判って来ました。その原理を基にしたオルゴール療法で橋本病やバセドウ病のような難病を完治しています。症例は私達に大きな希望を与えてくれました。

オルゴール療法の特性

 高・低周波の響きと、美しい音楽のオルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えるのです。甲状腺機能低下症の橋本病にも、バセドウ病にも良い効果が出ていることを改善症例から学びましょう。病気は、脳の根本から複数の機能を同時に調整しなければ改善しないという仕組みを理解して、オルゴール療法で改善に取り組みましょう。ご自分にも当てはまると思って下さい。気がつかない病気までも良くしていく素晴らしいオルゴール療法がこの世に生まれたことを喜んで下さい。感動の記録もお読みになって勇気を出して取り組んで下さい。   

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。