【 座骨神経痛 31】

坐骨神経痛をオルゴール療法

 オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す“ひびき”による自然療法です。脳を正すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒して行く療法です。

疾患を対処的に治すのではないのです。それは大変重要な意味を持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

 それを治す為に一つ一つに処方される薬や手術の功罪があって、副作用に苦しみ、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づいています。ここに上げる多くの改善症例の全てに優れた効果をもたらしていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

 殆どの方が複数の疾患から解放されている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解されて後、全体をご覧になって下さい。その効果の有効さに、オルゴール療法の力をお感じになれるでしょう。そして本来身体に備わっている自然の治癒力が大切であることを理解して下さい。

 ご自分にも当てはまると思って下さい。気がつかない病気までも良くしていく素晴らしいオルゴール療法がこの世に生まれたことを喜んで下さい。感動の記録もお読みになって参考になさって下さい。勇気を出して取り組まれることを希望しています。

坐骨神経痛とは

 大腿部後部から足部にかけて広範囲の知覚を司り、神経の中では最も長い末梢神経です。この神経が刺激されると臀部からふくらはぎの後部、更にかかとやくるぶしまでが痛みの対象になります。

 安静にしている時でも痛みますが、くしゃみや咳に影響され、身体を曲げたりすると更に痛みがひどくなります。脚のしびれ知覚鈍麻もあり、歩行が困難になることもあります。

 椎間板ヘルニアや脊椎のがんや脊椎症更に帯状疱疹や糖尿などが原因で座骨神経が刺激、圧迫されて起こります。

坐骨神経痛への考察

 低・高周波が脳幹を刺激することで、神経の中枢が正常になろうとして、神経伝達物質アセチルコリンなどを良く排出することからも、より脳の血管を柔らかくすることが分かります。

 オルゴール療法で高血圧を高率で下げていることからも実証されます。又交感神経の大きな刺激は心肺機能を高めて血液の循環を良くして、体内の老廃物を早く外に排泄します。手足が温かくなり、多く汗をかくことでも解ります。脳の血行を良くすることで脳細胞が活性化していくことが考えられます。

坐骨神経痛に対するオルゴール療法の効果

 強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養を全身に運びます。この時点では血圧は一時的に上がります。

 リラクゼーションから副交感神経の優位を導きます。末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血管の壁を柔らかくし赤血球を末梢血管にまで運びます。血液の流れが良くなり、血圧は確実に下がります。真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、血管の細胞を新しくします。

オルゴール療法の特性

 高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。副作用のない自然療法です。ご参考になさって下さい。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。