わが家の猫のシンは鼻炎・副鼻腔炎が持病でした

「わが家の猫のシンは3歳のオスです。わが家に来てから、ずっと鼻炎で した。元々身体が悪く、家に来た時に、命が危ない状態で獣医さんのお陰で命を 救われました。
 
その時、風邪をひいてからずっと、鼻炎が持病のように なりました。獣医さんが「このままで良い」と云われて薬は飲んでいません。
 
いつもくしゃみと緑の鼻汁が出ています。くしゃみをすると鼻水が出ます。 くしゃみをし過ぎると鼻血と鼻水が一緒に出て、苦しそうにします。そうして 常にクシャン、クシャンと鼻を鳴らしていました。
 
私の手の湿疹を治す為に6月からオルゴール療法を始めました。オルゴールが わが家に到着してから、シンのくしゃみや鼻水が止まっています。
 
シンの くしゃみが止まったのを、初めは気が付かなかったのですが、確かに療法用の オルゴールが来てから鼻炎・蓄膿症が止まっているのです。
 
いつも私達の手で鼻を取り、 きれいに処理してあげるのです、それもしなくてよくなっています。あのクシャン クシャンを聞いていません。不思議です。
 
私の手の湿疹を治す為にオルゴール 療法を始めて、その手が、信じられない程にどんどん良くなっていて、それが、 シンの鼻炎・副鼻腔炎にまで効果が出たことで、わが家は、今幸せです。 このまま鼻炎・副鼻腔炎がなくなれば嬉しいです。
 
犬・猫・ペットの鼻炎・副鼻腔炎へ研究室からコメント
 
犬や猫に鼻炎副鼻腔炎が見られます。外界からのストレスが原因で自律神 経系の異常をきたして身体のバランスを崩して様々の疾患を引き起こしています。
 
生命を維持する脳幹はこれに抗しきれず、心臓にも正しい指令がくだされなくなり、 循環器系がうまく作動せず、新陳代謝が悪く老廃物は溜まる一方となります。
 
人も可愛いペット達にも鼻炎・副鼻腔炎など、安易に捉えていますが、身体が 正常でない為の一つの症状とみれば、治しておきたい疾患です。
 
犬・猫・ペット達の鼻炎・副鼻腔炎とオルゴール療法
 
オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、 自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分 泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。
 
従って脳幹を正しくすることがとても大切であることが判って来ました。 その原理を基礎にしたオルゴール療法で犬・猫・ペット達の鼻炎・副鼻腔炎 のような病気が治り、その効果に驚かれています。
 
高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身を つくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、 根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも 優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。
 
犬・猫のペット 達の痙攣・発作の予防にも、その他の疾患にも美しい音色のオルゴールを 聞かせて上げて下さい。鼻炎・副鼻腔炎に良い効果が期待出来ましょう。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
■福岡博多支部 現在移転中 TEL 0120-409-005
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を同時に解くものです。そして、5千名の方の、複数の病状を同時に解いてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えて解いてきました。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべて病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。