うさぎのミーちゃんの脳疾患 (2)

6月11日のつづき 

    6月14日 驚く程元気になりました。あれだけ錯乱していたミーが呼吸も整い、6時間も寝るようになりました。木箱を用意するように言われて,その中で眠り続けています。木箱の上にオルゴールの共鳴箱、その上にオルゴールを載せて聴かせています。良く響きます。

 先生はミーが呼吸不全になり、酸素吸入をしても効果がなく、拘縮が始まり「もう覚悟をしなさい」と言われていたのです。家につれて帰りました。ミーは夜は苦手でオルゴールが直接からだにひびくのを嫌がりました。モーツアルトを聴くと箱から飛び出してきます。144弁で音が大きいからでしょうか? 

 今、昨日からオルゴールのカノンを聴かせました。曲がすきなのか72弁が良いのか? 大好きなのか直ぐにコクコクと眠ってしまいます。からだを伸ばして聴いています。『脳の抗生物質は出すけど五分五分だよ、入り口でカビを駆除する薬も五分五分だ』と医師に言われて、サードオピニオも3件受けましたが、「脳が痙攣を起こしている。手の施しようがない」とどこも同じことを云われて、それで、何人か一緒に入る「ルームシェア」に預けに行きましたが、賃貸マンションの壁が薄く、オルゴールを聴かせられなかったのです。

 結局オルゴールしかないと思い「カノン」聴かせたのです。オルゴールを聴いて、呼吸も普通でスヤスヤねているのです。オルゴールさまさまです。

日中は、72弁のローズで「パッヘルベルのカノン」を、6~7時間聴いています。夜はミーちゃんは聴けないので聴かせていません。144弁のオルゴールより、72弁のパッヘルベルのカノンをとても喜んでいるようなので、ずっとカノンを聴かせています。 K.Sさん 女性 川崎市

ウサギのみーはオルゴールの乗った共鳴箱に身を寄せてジッと聴き続けて元気になりました。「動物はライフサイクルが短い分、病気の改善も早く効果が出るのではないか」と動物に詳しい方に教わりました。

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。