足を強く椅子に打ち付けて剥がれ、爪の変化に驚き!

 足を椅子にしたたかに打ち付けて爪が剥がれて、浮いた状態になりました。70歳近くになって、身体のバランスを崩して親指の爪が浮いた状態になりました。慌てて皮膚科を探して診察を受けました。傷口から壊死の病も心配でした。
 皮膚科の先生は「何もしなくてもいい日にちが経てば正常になる」と事も無げに云われ、薬も出さずテープを普通に巻いただけでした。ひょっとして名医かな?とおもいましたが。
 オルゴール療法研究所の所長から、「オルゴールは救急にも使えるよ」と云われていたのを思い出して、オルゴールに足を乗せたり、寝るときには、逃げるオルゴールを出来るだけ足に着けて聞くようにしました。爪の根元から波打ち際のように爪がうねっているようになり、その内新しい爪を生え替わることを期待して、続けました。
 ある日、爪の変化を見て驚きました。爪が伸びて入れ替わる、生え変わるのではなく、爪はそのままの状態でどんどん変化しています。爪が新しくなって生え変わると信じていたのにそうではありませんでした。爪が新しく延びて入れ替わるのではなく爪はそのままでの形状で盛り上がった異常状態のままどんどん変化しているのです。
 爪は伸びていませんので、爪切りで切ることなくほっておいたのです。波打ち際のような盛り上がりがどんどんつま先に移動しながら、爪が元の色に変わってきました。あまりに不思議なので、研究所の所長様に写真を送ってみました。K.M. さん 69歳 男性 東京都
 
コメント
 皮膚細胞は28日で入れ替わると言われています。確かに、画像が見せるように爪はそのままの形状で爪の細胞だけが入れ替わっています。生え替わるのではないとは不思議でした。私が知らなかったのです。爪を切っていないでこの状態になったのであれば、細胞分裂はその爪のまま変化しているのを見て私も驚いています。
 子供の頃から良く爪の変化をみていました。車のドアに指を挟み傷は爪が伸びて爪の先まで移動して消えて行ったときも、爪の傷も、段の着いたのもいつもツメの先まで動いてなくなことは、いつものことでしたから、少なからず驚きました。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。