薬も効かない難聴がオルゴールで治った。肩の痛みも消えて腕を上げられるようになって驚き!

隔週でのオルゴール療法で難聴と肩の痛みが解消

 私は3年前に突然、右耳が聞こえにくくなりました。耳の奥に空気が入っているような感じで、常にことが右腕となっているのです。

 耳鼻科に行くと「こ自律神経からきている難聴」と言われ、 ステロイド剤の点滴を1週間受けましたが、はかばかしくなく、生活に支障をきたしていました。

 その時に知人の紹介でオルゴール療法を知り、どんなものか体験してみることにしたのです。最初にオルゴール療法研究所を訪ねたときは、大きなオルゴールに圧倒されました。そして檜のベッドに横になり、オルゴールを聞いた途端、とても癒されて涙があふれたのです。すごい音量なのに気持ちが良くて、背中も膝も手先もじんわり暖かくなりました。

 また、私は左肩が痛くて、腕が上がらない、後ろに手が回らないという状態でした。整形外科に通っても治らず、痛み止めを飲むことも多かったのです。しかし、痛いところは72弁のオルゴールを当てて聴くと、最初は飛び上がるほど痛く感じられましたが、その後は熱さを感じ、不思議と痛みが取れて行き、楽になるのです。聞き終わった後、腕が上がるようになりとても驚きました。大きな音量なのに知らないうちに眠ってしまうのも不思議でした。

 2年以上の間、隔週でオルゴール療法研究所に通い続けましたが、いつの間にか、難聴も治っていて肩の痛みが消え、腕も上がるようになりました。

胸の上において聞き痛み止めが不要に

オルゴール療法研究所へは、娘と一緒に通っていました。娘はパソコンを使う仕事なので、目の疲れや肩こりがひどく、椎間板ヘルニアでしたがオルゴールを聴くことで「症状が軽くなった!」と喜んでいました。

 今年はコロナの中での自粛要請で、オルゴール療法研究所に通いにくくなったため、オルゴールを購入して、自宅で毎晩聴いています。

 私は胸の上にオルゴールを置いて聴くと、響きや体に伝わって、心強く感じます。オルゴール療法を続けて3年目ですが、今では痛いところがなくなり、痛み止めの薬も飲まなくなりました。手足が温かくなり、冷えを感じることもなくなり、よく眠れるようになったのも嬉しいことです。オルゴールは自律神経の乱れから来る病気に効果があると感じられました。

コロナの状況が落ち着いたら、また娘と一緒にオルゴール療法研究所に通いたいと思っています。

ストレスを緩和することで難聴や痛みが改善する

          都立駒込病院脳神経外科部長  篠浦伸禎

ストレスから来る難聴の場合、視床下部の働きと関連性があります。オルゴール療法で視床下部の血流が良くなることで、ストレスが緩和され、難聴をが改善された可能性があります。また、オルゴール療法は痛みの軽減に役立ちます。痛みはストレスによって強くなる傾向があるため、オルゴール療法でリラックスすると痛みが消える事もあります。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。