摂食障害から、無月経,うつ,不安神経症,とさまざまな病状をオルゴールで改善.嬉しい!

  二年前に、母の不眠症がオルゴール療法のお陰で改善し、ひびきの持つ効果を肌で感じました。勉強会に参加させて頂いた日から、私自身も学んだ聴き方を早速実践してみました。すると、二ヵ月近く経ったある日、信じられない程の嬉しいことがありました。
 私は思春期の頃に摂食障害を発症し、ホルモンバランスの乱れから初経を迎えないで、大人になってしまいました。 食事が取れるようになるにつれ、体重も回復してきたものの、やはり無月経は続き、摂食障害からうつ症状不安神経症などの精神症状にも悩まされました。
 社会人になってからいくつかの内科や精神科に掛かり、治療を続けていましたが、症状が改善される兆しはなく、病院に通うのを中断してしまいました。
 今からおよそ3年前になりますが、幸いにも摂食障害を専門で診てもらえる精神科のある大学病院にかかることができ、婦人科を並行しながら通院を続けておりました。
 精神科の主治医の先生から「体重の面では問題ない」と言われるまで回復し、薬をやめました。「先天的な問題は ない」と言われ、ホルモン療法だけは続けていました。それをきっかけに会社を辞め、夢だったアロマセラピストを目指すためにアロマテラピーサロンのローズミンさんに会うことに決めました。
 それが私にとってオルゴール療法との出会いになったのです。教室に貼ってあるチラシに「脳幹・視床下部」のワードがあり、脳の機能を改善できる療法だと知り、とても心が惹きつけられました。なぜなら体重が回復してきても依然として無月経だったからです。
 しかしどうしたら脳の機能を正常にできるか、今まで方法が分からず、ずっと悶々とした日々を過ごしていました。そんな中で、オルゴール療法に、偶然の、奇跡的な出会いをしたのです。
 オルゴール療法をはじめてから、信じられない程の嬉しいことというのは、生理が来たことです。生理不順が正常になったのです! 摂食障害になって以来生理が来ることだけを夢見て、毎日を送ってきたのですが、その夢が実現して心の底から喜びでいっぱいになりました。
 昨年の暮れから病院とは別に処方してもらっていた漢方薬の服用を止め、ホルモン剤の服用を止め、オルゴール療法を信じて続けていたのです。本当に奇跡のようです。
 摂食障害になって以来、生理が来ることだけを夢見て、毎日を送ってきたのですが、その夢が実現して、心の底から喜びでいっぱいになりました。
 勉強会で学んだオルゴールの効果的な聞き方が改善に拍車をかけたのかもしれません。佐伯先生がおっしゃられていた「続けた人だけが改善される」という言葉を信じてきて良かったと感じております。
 生理のことについては焦点を当ててお話しましたが、気がつけばうつ不安感といった精神症状がや喉のつまりなどの症状もいつのまにか取れています。
 まさにオルゴール療法は複数の症状同時に改善するのだと身をもって感じました。今まで支えて頂いた佐伯所長様、阿左美郁夫様をはじめオルゴール療法研究所のセラピストの皆様に心から感謝を申し上げます。
 そして私の体験が私と同じような悩みをや、病に立ち向かう方達の希望に少でもなることが出来たらと思います。私自身もこれからもオルゴールのひびきを取り入れ、心身ともに健康を維持して参りたいと思います。
 一人でも多くの方がオルゴールを通して幸せな毎日を過ごせることを願っております。そしてオルゴール療法研究所の皆様のご活躍とご健康を心よりお祈り申し上げます。   M.M.さん 女性 名古屋

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。