妻と私の元気の源はスイスオルゴールが奏でる名曲で高血圧と耳鳴りが改善

どうして涙が出るんだろう?

 人は皆、生きていれば「老いと病」を背負っていかねばなりません。私90歳、妻83歳の老夫婦も例外ではありませんでした。しかし、スイスオルゴールの不思議な響きによって、私たちは老いと病を遠ざけることができたのです。

 オルゴール療法を知ったのは、 2012年の雑誌「安心」 1月号がきっかけでした。音楽好きな妻が、スイスオルゴールのCD付録に興味を示し、手に取ったのが最初です。

 その頃の妻は、不整脈心臓の動悸めまい高血圧などの症状に苦しめられていました。歩くのもやっと、という感じで、お金の勘定もままならないような状態でした。

 体調を崩す原因となったのは、次の2つの出来事です。まず、 1011年3月の東日本大震災、この時私たちは、10時間以上も駅に閉じ込められるという体験をしました。続いて同年の秋、私は一過性の脳貧血で意識を失い、私を支えようとした妻も倒れ、 2人して救急車のお世話になりました。そのあとから、妻は精神不安定なり、体調崩してしまったのです。

 本物のスイスオルゴールなら、そんな妻の症状に効くかもしれないと思い、私たちは日本オルゴール療法研究所に行ってみることにしました。

 そこで、生のオルゴールのひびきに触れたところ、生気のなかった妻の顔が高揚し、声に張りが出ようになったのです。その様子を見て、私はすぐにスイスオルゴールを購入する手続きをして帰りました。

 その翌日のことです。妻の目から涙が出るようになったのです。「どうして涙が出るんだろう」と驚いていました。妻の中の何かが、オルゴールを聞くことで変化していきました。それに伴い、症状も次第に良くなっていったのです。 8ヶ月経った現在、妻の最大血圧は180mmHgから正常値( 140 mmHg )まで下がり、90あった貧脈の拍数は、問題のないまでの数値となり、歩行もしっかりしてきました。

 まだ耳鳴りがしたり、人混みの中に入ると心臓の動悸がしたりという症状があるそうですが、帰宅後、スイスオルゴールのカノンを聴けば、治まるようです。

 私もひどい便秘でしたが、オルゴールをお腹に当ててみたら、 2時間後に便意をもよおしました。「スイスオルゴールとの縁がなかったら今頃どうなっていたのだろう」と妻と話し、夫婦でオルゴールにありがとうと感謝しました。

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。