難聴と左肩の拷問のような激痛から解放されて 

難聴と左肩の拷問の激痛から解放されて 宮川まさ代 70才代女性

 右耳が聴えなくなり、耳鼻科でステロイド剤を1週間、点滴を受けましたが、はかばかしくなく、生活に支障をきたしました。知人のご紹介でオルゴール療法を知り、どんなものか体験してみることにしたのです。

 3月に初めて、横浜のオルゴール療法研究所を訪ねました。大きなオルゴールやオルガンに圧倒されました。オルゴールを聞いた途端、何故か涙があふれたのです。初めての経験でした。桧のベッドに横になって強いオルゴールを聴きました。

 凄い音量なのに気持ちが良く、背中も膝も手先も、温かくなりました。首から上がスッキリしました。

 途中で、左の肩が凄く痛みましたのに、終わってみると不思議に痛みが取れていました。毎回、オルゴールが鳴ると拷問のような激痛が始まるのですが、終わると少し楽になるのです。左の偏頭痛の痛みが治まりました。

 左肩は痛くて、手が挙がらない、後ろに手が回らない、その痛みに72弁のオルゴールを当てると曲げられるようになるのです。有り難いことに、肩がとても楽になるのです。オルゴールを当てると、熱いほどになり、不思議と痛みが取れてゆき、楽になるのです。

 11月の初めになって、オルゴール療法に参加したときに、今までの肩の痛みがなくなっていました。冷えると痛かったのに、今までで一番楽なのです。

 自動オルガンはうるさいだけで、苦痛なのが、72弁のオルゴールを肩に当てると痛みが和らぎます。左の脚はオルガンの強い音で痛みが続いています。喉がヒリヒリして不快でしたが、療法が終わると楽になりました。

 1月になって、良く眠れるようになりました。左の肩が回復しているのか調子がいいのです。良く眠れました。2月、手足が初めて温かくなりました。嬉しいです。3月になって、ひびきを凄く感じて暖かくなり、痛いところがなくなっています。気持ち良かったのです。眠れました。

 6月になって、右肩の痛みとしびれがが始まり、薬を服用し始めましたが、左手も右手も痛みが殆どなくなりました。まだしびれはありますが。

 7月は気分が良く、肩も楽になり、良く眠れて、オルゴールの効果が感じられました。8月になり、あの肩の激痛がすっかりなくなった。右手のしびれも取れています。

 11月になって、難聴が完治しています。驚いています。今まで痛みに苦しみ、それが解けて、気が付いたら難聴もなくなっています。痛みや苦痛やつらいは全てなくてっています。オルゴール療法のお陰です。感謝しています。 宮川まさ代 70才代 女性

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。