和式の便座に座れない関節リウマチが膝の痛みがなくなっているどうして?オルゴール療法でなの?

 和式の便座に座れない関節リウマチの膝の痛みがなくなっているどうして?オルゴール療法でなの?

 

私にとって「和式の便座に座れた」のは、何の意味か解らなかったのです。和式の便座がどうしたの?とたずねて、その方と私は、暫く何のことか、その方もおそらく、「解ってくれない所長」なのでしょう。よろこびのお顔が、普通の顔に変わったことで、私の不思議そうな顔をみて、「全然分かってないんだ!」だったのでしょう。二人の間に空白の時間が流れて、でも、想い出しました。関節リウマチとどのように関係があるのでしょう。

 実家の戦後のトイレが未だ、洋式のトイレではなかった子どもの頃を想い出しました。そうだ、あのことかと思い巡らせるのに、そう、時間はかかりませんでした。あれに、またがるのに、膝と足首の関節が上手く機能しない関節リウマチで、用が足せない、そのことで、あまり時間を取らせられないと思いました。

 要は、行った先のお宅は、お借りしたトイレが未だ和式だったのです。お願いしたものの、関節リウマチで膝が曲げられない、和式の便座に恐怖を感じられたことでしょう。ところが、足首も膝の痛みもなく用を足せた膝の関節リウマチがそのよろこびを私に伝えたかったのに、けげんな顔に戸惑われたのです。膝痛の足首の痛さに、どれ程のご苦労があるのか、余所の家に行き、トイレをお借りするのにご苦労されているのです。反省しました。

 リウマチの痛みやこわばりから、随分ご不便を感じて、おられるのです。それが熔ける嬉しさをご報告頂いて共に喜び、幸せに胸をなでおろし、誰かに分かって貰いたい、感謝されてご一緒にに喜べる、オルゴール療法に感謝する毎日です。 50才代女性 関西、 日本オルゴール療法研究所  所長 佐伯吉捷

 

予約電話:03-6262-0741営業時間10時~17時。

スイスオルゴールを始めて本格的に日本に紹介、オルゴール療法の創始者

オルゴール療法研究所所長佐伯吉捷

東京:0800-800-2512

横浜:045-663ー1072(火.木.土. 営業)
大阪:0120ー700ー704
体験会:60分間でご説明とひの木のベッドの体験会です。
個別療法:病状へアドバイスと個別療法、質問も受けられます。
会費:2、000円個別療法:5、000円

 

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。