歩くのも座るのもつらい全身の関節リウマチがスイスオルゴールで改善

 本当に辛い、10の痛みの関節リウマチが、4まで軽減しました。スイスオルゴールに感謝

 
 紙一枚すら持てない手の痛み歩くことも、座ることさえままならない、足や背骨の激痛に私が苦しみだしたのは、3月からです。全身の関節が痛み、寝ているのもつらい状態でした。
 
 最終的に確定した診断名は免疫疾患膠原病です。当初はリウマチの薬も飲みましたが、効き目はなく、以前インターネットで見つけたオルゴール療法を試すことにしました。
 
 初めてオルゴール療法研究所を訪ねた時、美しいスイスオルゴールの音色に気持ちが癒される思いがしました。行く時に比べて帰りは体も楽だったように思います。
 
 ただ本当に驚いたのはその翌日でした。朝になると、長期療養へ行くために、衣類や生活用品などを当たり前のように自分で鞄に詰めているではありませんか。
 
 今まではそんなことは、到底無理だったので、手を動かせていることに気づいた時はびっくりしました。前日までの辛さが10だとすると、4ぐらいまで軽減した印象です。
 
 これはオルゴールのおかげかもと、希望を持った私は、それから研究所へ月4から5回通い、スイスオルゴールを購入して家でも聞くことにしました。
 
 オルゴールは家にいる間ずっと流し続けました。 痛みを感じたらその部分をオルゴールに当てて、繰り返し聞いたり、夜はオルゴールを枕元で流して寝たりしました。
 
 すると、一進一退ではありますが、症状が徐々に改善してきたのです。例えば料理をする時は少し作業をしては、オルゴールを体を張って痛みが和らぐと、また作業に戻ると、細切れにしていましたのが、少しずつ作業をする時間が長くなっていきました。
 
 洗濯も、タオル一枚が重くて、干すのに2時間ぐらいかかっていたのが、どんどん重みを感じなくなってゆきました。以前は、座ってしかできなかった歯磨きも、立って行えるし、食事も食器の重さが苦になりません。
 
 薬も約4ヶ月で辞めることができました。今年に入ってからは、関節の痛みは、ほとんど感じていません。ほぼ普通の生活に戻れて、スイスオルゴールには本当に救われた思いです。主婦 43歳 東海林もとみ
 
 痛みのある部位に当てて聴くとより効果的 岸本病院副院長 岸本純子
 スイスオルゴールを聞いて痛みが軽減するという例は、私どもの病院でも数多く目にしてきました。スイスオルゴールを聴くと血流が良くなります。そのため、特定の箇所に溜まった刺激物質が流れて、痛みが軽減するのです。スイスオルゴールなら痛みのある部位に当てて聴くとより効果的です。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。