母が心臓疾患で余命宣告を受けましたオルゴール療法で救えませんか

 
 「母が心臓疾患余命宣告を受けたんです」とお電話をいただきました「もう間に合わないかもしれませんが、オルゴール療法で蘇生が可能ですか?もう10年生きて欲しいのです。戦争経験して生きてきたのです。食事のできない時に、私たち兄弟を食べさせるために苦労しました。その苦労を思うと、不憫でなりません。」
 
 男性は、お母さん思いで、命をつなぐために、オルゴール療法を見つけられたのでしょう。「医者から余命宣告を受けたお方に、間に合うかどうか分かりませんが、強い響きが必要です」すぐに間に合うディスクオルゴールお勧めして、ご用意しました。

ディスクオルゴール米国ポーター社の円盤式オルゴール美しく音量が大きいので療法用としてお薦めしています。

 しかし、余命宣告を受けたお母さんに、間に合いませんでした。その男性は「オルゴールはこのまま貰っておきます。母の形見だと思って大切にします」。きっとお母さん思いの優しい男の子で、そのまま、大人になったのでしょう。道端でお話しした姿を忘れません。そして改めて生体の仕組みを考えてみました。
 
 肺と心臓は、生体の命を守るために、最も大切な臓器と言われます。臓器を守る脳に、脳幹と視床下部があります。心臓と肺を機能させるために、脳幹があり、神経、ホルモン、代謝、体温調節、飲食機能は、視床下部の役目です。
 
 どの臓器も命をつなぐ為に、大切な機能を持っています。その最も大切な心臓に、その男性のお母さんは疾患を持たれたのでしょう。心臓が止まれば、機能しなくなれば、命を閉じるのですが、必死の介護のかいも無く、亡くなられたのでしょう。
 
 息子さんが祈る気持ちが通じず、余命宣告されたお母さんに非力でした。オルゴール療法は、心臓をコントロールする脳の機能を元気にする、機能的に救うという大切な調整機能を持っていますが、さまざまな要因が、有って命を救うことが出来ませんでした。
 
 ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。 日本オルゴール療法研究所 所長 佐伯吉捷
 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町2-83 ブルームーンビル5F TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。