“ひびき”の美容効果 理論と効果 

体外から美容液を肌に塗布する美容方法と脳機能回復によるひびきの美容効果

 肌に直接 美容液を塗布する ことにより 肌の細胞を活性化させる手法効果は、今までにあらゆる研究がなされ、実証されてきました。皮膚の細胞は表皮や角質など多数にわたる皮膚細胞は、それぞれに役目を果たす為に機能し、その細胞を活性する為に美容液の効果は多く認められてきました。

 化学的な素材による皮膚活性効果の論文は実証され易く、多く一般に認められ てきました。 一方で 美容液の塗布効果は、一時的な効果をあげて来ましたが、肌細胞が求めている栄養素を常に供給しなければならない特性を持っています。

 それに対して、脳活性による 全身の細胞を元気にする美容法の特性は、肌にとどまらず、全身の細胞の活性するところにあります。水分を供給する代謝機能、栄養酸素を運ぶ血液の循環機能、ホルモンの活性機能、栄養酸素を吸収する消化管機能などなど、体内における 全ての機能が潤滑に働いた上で、皮膚細胞の活性化が行われなければならないのです。

 皮膚のしっとり感や、つやつや感や、あるべく筋肉の補強など、体内の全ての細胞が 元気になり、その結果が表皮に現れることこそが真の美容であり、生体にとって合理的であり、皮膚が求めていることなのです。

 現代の食生活における栄養補給は 過剰気味であることは、既に証明されています。それどころか、食べ過ぎによる生活習慣の乱れは 体内の 栄養補給のバランスを崩し、その上で皮膚の老化をむしろ促進している様相を呈していると言えないでしょうか?

 自然界の摂理を模範として、今一度からだにとって、求められているのは、何かを問い直す時では無いでしょうか? 

 食事の面から見ても、栄養酸素の整った和食の優れたバランスと、間を摂る和食のマナーとを、見直す必要がありましょう。

 健康は、極上の光と水とオゾンと土、そして食物と”ひびき”による脳幹自然美容法こそ求められるべきではないでしょうか? ややもして、 人工的な物質に頼りすぎる危険はないでしょうか? 

 日本統合医療学会でのセミナーで幾度も次のように提唱させて頂いて反響を呼んでいることからもその流れは少しづつ大きくなるでしょう。私たちの主張は、「現代の医療・療法と脳の回復による療法との融和」です。人類にとって最善の方法を模索することは、私たち療法に携わるすべての人の心すべきことではないでしょうか? 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。