全く動けない重度の認知症の女性の手がディスクオルゴールを聴いて動いた!

 認定オルゴールセラピストの資格を取られて、認知症の方をあずかる養護老人ホームなどの施設の方にオルゴール療法を、ボランティアで廻っておられる男性からのご報告です。

 「この施設には16回目の訪問です。毎回、オルゴール療法を受けられるお顔触れが変わります。今回もディスクオルゴール”スワン”を持ち込み、テーブルの上でディスクオルゴールを鳴らしたときに、ある高齢で、重度の認知症の女性の方で全く動けない方だと聞いていました、その方が、オルゴールの置かれているテーブルに、自分で手を載せて静かに聴いておられるのを見て驚きました。

 この方は、16回の内、2回ほど療法に参加されたと覚えています。3回目の今回、気が付いたら、施設の方はどなたも、その方に手を添えてはおられないのに、寝ながらの不便な車いすから自分で手を伸ばして、オルゴールの“ひびき”を感じているかのように聞かれていたのです。

 重度の全く動けない方なのに、おそらく、係の方が車いすを押してオルゴール療法のテーブルまで連れて来られたのでしょう。その女性の方のオルゴールのテーブルに手を置く姿をみて、施設の係の方たちから驚きの声が上がりました。

 重度の認知症で、全く動けない方がオルゴールが置かれたテーブルの上に手をのばしていたのです。2カ月に1度、女性で高齢者の方2回目の方、おしゃべりができない、耳は聞こえているのかも不明です。寝ながらの車いすの方が今回、自分から手を伸ばして、ずっと、そのまま、目を開けて聞かれた、この反応を見て施設の方が驚かれました。

 オルゴールの置かれているテーブルがその方の近くだった、そのテーブルの上に手を載せて、いつも60分間の療法ですが、その方は気が付いたら最後まで手をテーブルにおいていたのです。

 このディサービスでは、毎回、40名くらいの入居者が集まってオルゴールを聞かれます。施設の方たちも、協力的で、とてもやりごたえがあります。はじめの頃は72弁のローズや144弁のアンボイナでやっていましたが、ディスクオルゴールの”スワン”を手に入れてから、施設の提供されたテーブルの上にオルゴールを置くようになってから、音量も大きく、ルームに良くひびいています。

 今回の全く動かない重度の認知症の方が自分で手を動かして、オルゴールを長く聞いている姿を見て、施設の方々がオルゴール療法の効果にとても驚ろいておられました。オルゴールセラピストの私も、その効果に大きな感動を得ました。」 認定オルゴールセラピストより 男性 60歳代 大阪

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。