両手足に関節リウマチの症状が起こりました

 「20年前に両手の爪が割れ始め指に違和感を感じました。10年前に庭の草ひきをしていて右手の小指が曲がっているのに気が付きました。4年前の冬に冷たい水に手を入れた時に左手の人差し指に、右手は中指、薬指、小指が痛み、その後曲がり始めました。

 

 ペインクリニックでブロックも受け、大学付属病院も数カ所廻りましたが、リウマチ因子がないので関節リウマチではないと診断されました。

 

 第二関節から大きく曲がり固まりました。指の筋肉は衰え、指の爪が次第に小さく変化しました。両足の指はくっついたままの状態でやはり爪は極端に小さくなりました。家庭内のストレスが長く続き、10年前にはレイノー症状になり、耳鳴りドライマウスが起こりました。夏場はまだ良いのですが、寒い冬はつらいです。

 

 9月はじめからオルゴール療法に妹と通うことになりました。9月16日の療法でアンティークオルゴールの良い響きに涙が止まりませんでした。9月末には手が温かくなり、薬を飲まなくても眠れるようになりました。

 

 10月8日の療法で涙が出て、あくびが10回以上も出ました。くっついていた3本の指が拡がりました。手袋をしなくても手が温かです。11月の末に足の指が少し開くようになりました。今まで全然開かなかったのです。オルゴールの凄い響きを聴くとそれに足が反応して足が上がるような感じです。

 

 12月8日、あまり聞かないと肩がこり、痛みます。12月になって自宅でもオルゴールを熱心に聞きました。オルゴールを熱心に聞くと手が温かくなり、時々耳鳴りがなくなり、肩や首廻りが楽になります。関節リウマチの痛みがましになります。

 

 最近今まで開かなかった足の指全部が柔らかくなり、開いた指で地面を掴めるようになりました。指が親指から小指まで左右に大きく開いてジャンケンが出来るようになりました。手の指の曲がりはまだですが、お陰様で関節リウマチ状がオルゴール療法で良くなっているのがはっきり判りました。 60歳代女性 F.N. 大阪府

 

 リウマチ、関節リウマチに対するコメント

 

 手の方の改善はまだほとんど見られませんが、足の指が精一杯広がるのを見て今更ながらオルゴール療法の優れた効果に驚かされます。足の筋肉が柔らかくなり、指が広がることで、希望が見え、気持ちが明るくなったことも回復を早めることになりましょう。

 

 

関節リウマチ症例集に戻る

関節リウマチ トップページに戻る

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。