関節リウマチで両手首と肩と膝の痛みが改善

 「去年の11月から手首や肩や膝が腫れて強い痛みを覚えました。階段の上り降りが大変でした。看護師で、在宅介護の仕事に就き多くのお家を訪問する仕事柄、正座が出来ない、和式のトイレが使えず困りました。

 

 知的障害を始め様々の疾患をお持ちの方を思うと関節リウマチの痛みで仕事を辞めることは出来ないと思いながらも、ひどくなっていく痛みと腫れで足を引きずるほどになりました。

 

 10歳の頃の骨髄炎やその後の事故が重なったのでしょう。神経ブロックの手術も受けました。カイロプラクティックで首が楽になりましたが、リウマチ症状の痛みから解放されたいと思いホームページでオルゴール療法を探し当てました。

 

8月13日、和歌山から大阪の療法に初参加しました。療法後体温は35.7度。 8月14日、身体が軽くなり手も足も膝も腫れが大分退きました。嬉しくてお酒を飲んだら腫れが元に戻りました。

 

8月20日、療法に参加4回目、足が重く痛かったのに帰りには足が軽く痛みも腫れも軽減しています。

 

8月21日、オルゴールを朝から夕方まで聞いて左側頭部に痛みを感じ、好転反応だと思い明日を楽しみにしました。

 

8月22日、朝、目覚めたときに右腕の痛みが軽減していたのでびっくりしました。関節リウマチが治ったのかと思いました。気分も良く仕事に行くことが出来て最高に幸せでした。

 

8月28日、夜中から左腕が痛み出し肩に触れても激痛がはしり足の浮腫と痛みもあり不安でしたが様子を見ることにしました。

 

8月30日、研究所に電話で相談『ストレスはたまっていませんか?副交感神経を刺激して気持ちをゆっくりするようにオルゴールを聴くことをお奨めします』と聴き方の指導があり、そういえば何日か前からストレスを感じていました。ストレスが関節リウマチに影響しているのですね。

 

9月4日、オルゴール療法に参加、帰宅すると痛みも腫れも軽減しています。日が経つと痛みが少し元に戻る感じがします。

 

9月10日、療法に参加出来ず、かなり痛みがあります。12日過ぎから右手の人差し指左手の小指腫れと痛みで指の自由が効かなくなりました。せっかく良くなっていた関節リウマチが元に戻ったと思って落ち込みました。

 

9月17日、療法に参加、腫れも痛みもひいていました。階段の上がり降りが不自由になっていましたが、楽になりました。

 

9月19日、療法参加、帰宅して5時間過ぎたころでしょうか?足が軽くなり、立ち上がりも楽になり、手の握力も良くなっています。

 

10月13日、痛みましたが、療法に参加して3日くらいは楽になります。

 

10月16日、3日間びっこをひいていたのに、前回の療法でなくなりました。今日は、膝が痛いですが、腰の痛みがありません。

 

10月23日、療法で足の先まで温かです。こんなことは初めてです。

 

11月12日、関節リウマチの痛みが60%減りました。オルゴールで関節リウマチが治ると実感がわいてきました。

 

11月19日、最近和式のトイレに座れるようになりました。在宅介護に訪問したときにとても助かります。療法で身体が温かです。

 

12月3日、膝の腫れがひいて、痛みが取れて、初めて正座が出来るようになりました。介護に行って正座が出来る!嬉しいです。指の痛みがほとんどありません。お陰様でどの家のトイレも利用出来るようになりました。まだ足と腰に痛みが残っていますが、関節リウマチからの腫れや痛みが随分楽になりました。  

 

 療法を始めて7ヶ月が過ぎました。両膝のむくみと痛みが極端に少なくなり正座が出来るようになってとても嬉しいと言われました。 5月14日 「気がつかなかったのですが、両腕を後ろに組み背中まで上げられるようになりました。 和式トイレは楽に使えるようになりました。節々の関節が未だ少し痛いです。」    和歌山市 40歳代女性

 

関節リウマチに対するコメント

 

初めの頃は関節リウマチの痛みでお顔がゆがんでいましたが、最近痛みや腫れが少なくなったせいでしょう。急にお顔の表情が明るく豊かになられました。これからどんどん良くなって行くと思われます。

 

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。