風邪・インフルエンザ 改善と予防

風邪:

風邪の症状は、身体を正常に戻す為に起こる場合があります。体重が増えすぎたり、臓器の異常からも又、ウイルスが体内に侵入してそれに抵抗して元に戻す為にも発症します。風邪が万病の元と言われるゆえんです。せっかく異常を知らせるシグナルなのに軽く見て、あるいは忙しさを理由に、又は風邪で仕事を休むことは出来ない環境から放置されてやがてダウンします。

 

インフルエンザ:

 オルゴール療法でインフルエンザの予防が出来るとは、直ぐには、お信じになれないでしょうが、”ひびき”の効果を知ってご納得頂きたいのです。インフルエンザはインフルエンザウイルスの伝染による発症です。一般に行われているワクチンは、今まで流行したインフルエンザには有効ですが、新種のウイルスには、非力なのです。それには、抵抗力を着けておくこと、体力をアップしておくことなのです。

 日頃からオルゴール療法で、抵抗力・体力を付けている方々に極端に風邪・インフルエンザが少ないのは、この”ひびき”のお蔭なのです。

ひびきの原理は、心肺機能を高めて、豊富な栄養・酸素が細胞に運ばれ、臓器・器官40種類が一斉に調整力を高めておれば、やすやすとインフルエンザウイルスの侵入を許すことはないのです。

 その仕組みは、ウイルスが体内に侵入しても、私たちの白血球の中のリンパ球がこのウイルスを包み込み、リンパ節で始末してくれて、私たちは健康を保てているのです。あらゆるウイルスや細菌など有害なものから身を守る仕組みのお蔭で、私たちは日々に安全なのです。

 

 この体力・抵抗力を弱める悪い環境から、病気を浮上させています。極上の光、水、オゾンと土、食物、そして今まで忘れられていた”ひびき”が大切なのです。とりわけ、ひびきは脳の中枢部の活力を上げる為に重要な生命を保つ要素なのです。その”ひびき”が都会では、理想的な熱帯雨林の100分の1になり体力を弱めています。

 

  1. 体温37度前半では解熱剤は不要です。熱を上げて全力で回復をしているときに解熱したのでは回復基調に水を差すことになります。リンパ球が増殖してウイルスを包み込みリンパ節で死滅させるまで4日間は体力を温存して待ちましょう。風邪薬はウイルスには効かないことを知っておきましょう。
  2. 風邪を引き込んだらすぐにオルゴールを脳に近く1時間~2時間効きましょう。自律神経を正常にすれば、半日で快癒することが多く、寝込むことがなくなります。又予防にも役立ちます。ショウガ湯を飲むことで体温を上げる効果があります。
  3. 風邪をひかなくなることで、オルゴール療法は未来の健康法と知りましょう。薬を使わない、真の健康法だと信じて実践しましょう。風邪を引き込まなくなるほどの身体にすることがオルゴール療法の理想です。理想的な健康法を身に付けてください。きっと宝物となりましょう。

豆知識:

1.外出時にはマスクをしましょう。電車で咳をすると飛沫は8メートル飛びます。マスクは必帯です。

2.手袋をしましょう。電車のつり革、ポール、ドアやエレベーターのボタンなどに直に手を触れることを避けましょう。

3.帰宅時には、石鹸で指の股など、お顔、目など外部に出ている皮膚をきれいに洗いましょう。

4.うがい薬で口、喉をきれいにしましょう。

電話で無料相談 フリーダイヤル:0120-700-704

■東京日本橋本部 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-2-6ストークビル7F. TEL 0800-800-2512
■横浜元町支部 〒231-0861 横浜市中区元町3-131-1酒井ビル3F. TEL 045-663-1527
■大阪梅田本部 〒531-0001 大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21F. TEL 0120-700-704
  • ネットで予約する
  • 小冊子無料進呈

「注」ひびきの療法が全ての症状を改善するものではありません。

自然界の“ひびき”によるオルゴール療法は、脳がコントロールするために心も身体も全身の不調を複数、同時に解くものです。そして、難病を初め、5千名の方の、病状が改善されてきました。その中で、耳鳴りや難聴、関節リウマチやジストニア、橋本病などさまざまの症状を200種を超えています。しかし未だオルゴール療法が触れていない病気も多く、それらを全てに渡って改善する臨床例をもっておりません。脳の自然治癒力が多くの病状を改善する原理は多くの改善症例からみて正しく、確かに手応えを感じて、おすすめしてきましたが、病状の改善に多くの可能性はもっているものの、すべての病状を解くと言い切るには、未だ次期早尚だと考えています。希望を持って取り組まれることを、お勧めしますが、確実性は今の段階で保証できない状況をご理解ください。